合宿免許へ行こう!
オンシーズンとオフシーズンに関するページです。
合宿免許基礎知識
合宿免許の特徴
教習所の選び方
入校準備
合宿免許の保証内容
合宿免許タイプ別プラン
合宿免許の料金のしくみ
合宿免許成功の秘訣
合宿免許相部屋の魅力
合宿免許のデメリット
合宿免許その他
合宿免許へ行こう! TOP → 合宿免許の特徴 オンシーズンとオフシーズン

オンシーズンとオフシーズン

合宿免許の教習料金は時期によっては割高になったり、割安になったりしますが、通常の教習よりも安いのが特徴になります。そして合宿所にもオンシーズンとオフシーズンがあります。

オンシーズンというのは教習所が込み合う繁忙期のことをいい、2月〜3月(春休み)、7月〜8月半ば(夏休み)、12月末から1月初め(冬休み)など、学校が休みで学生がたくさん来る時期になります。オンシーズンは申し込みや予約がたくさんくるので、合宿免許の予約が取りにくくなっているので早めに予約をすることが大切です。また、オンシーズンは教習料金も通常より高くなります。

オフシーズンというのはオンシーズンの時期以外になります。オフシーズンは比較的予約も取りやすくなっているので、スムーズに教習を始めることが出来ます。料金もオンシーズンに比べるとかなり割安に設定されています。休みなどを調整できる場合は、値段が安くて人が少ないオフシーズンの時期に合宿免許に行くと良いでしょう。

合宿免許ではオンシーズンの場合は27万円〜30万円、オフシーズンの場合は22.5万円〜25万円ほどの価格が一般的とされています。ではなぜオンシーズンになると値段が高くなるのでしょうか。

通常の旅行と同じように、オンシーズンの間は宿の手配やプランの調整が難しくなるために料金が高くなるといわれています。オフシーズンは人があまり集まらないので、料金を下げて集客を図っているのです。しかしこれらは目安で、場合によってはオンシーズンでも安かったりしますので、いくつか教習所の料金を確認してみるようにしましょう。



合宿免許の特徴

エボルトラ
エボルトラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!