合宿免許へ行こう!
パック料金制に関するページです。
合宿免許基礎知識
合宿免許の特徴
教習所の選び方
入校準備
合宿免許の保証内容
合宿免許タイプ別プラン
合宿免許の料金のしくみ
合宿免許成功の秘訣
合宿免許相部屋の魅力
合宿免許のデメリット
合宿免許その他
合宿免許へ行こう! TOP → 合宿免許の特徴 パック料金制

パック料金制

合宿免許と通学の違い一番大きな違いは、「完全パック制」であるということになります。完全パック制というのは教習で受ける授業やコースなどが全て決まっていて、スケジュールなども教習所側が全て管理してくれるものになります。

通学プランで一番手間なのが、教習のスケジュール管理やキャンセル待ちなどですが、完全パック制であればそのような心配がはありません。入校したら全ての教習を最も効率よくできるスケジュールで調整してくれるので、合宿免許の場合は入校した日に最短卒業予定日を知ることが出来ます。

では、完全パック制の料金とはどのようなものになっているのでしょうか。合宿免許の教習料金は一般的には以下の項目が含まれています。

宿教習料金=「教習料金」+「宿泊費」+「毎日の食費」+「往復交通費」+「保険」

しかし教習所によってそれぞれ違うので、各項目を確認する必要があります。 教習の料金には以下の項目が含まれます。

「入学金」
「学科教習費」
「技能教習費」
「検査料」
「修了検定料」
「仮免許申請交付手数料」
「卒業検定料」
「卒業証明書代」

合宿免許の教習料金は完全パック制と呼ばれるパック料金体系になっていますので、各項目を確認する必要があります。合宿教習料金=「教習料金」+「宿泊費」+「毎日の食費」+「往復交通費」+「保険」になりますが、教習所によってはパック料金が一律ではない場合もあるので注意して下さい。

ちなみに「保険」というのは、合宿中に万が一病気になったり怪我で入院することになった場合に、入院・通院費用をサポートしてくれるものです。パック料金制でも全ての学校、全てのプランが一律料金ということではありませんので、自分に合う料金プランの合宿免許を選ぶようにしましょう。



合宿免許の特徴