合宿免許へ行こう!
一定期間の拘束に関するページです。
合宿免許基礎知識
合宿免許の特徴
教習所の選び方
入校準備
合宿免許の保証内容
合宿免許タイプ別プラン
合宿免許の料金のしくみ
合宿免許成功の秘訣
合宿免許相部屋の魅力
合宿免許のデメリット
合宿免許その他
合宿免許へ行こう! TOP → 合宿免許のデメリット 一定期間の拘束

一定期間の拘束

合宿免許は最短で14日(普通車MTの場合は16日間)で免許を取得することができますので、通常の教習と比べるとかなりの早さで免許を取得することが出来ます。しかし逆に言うと、免許を取るまでの間は普段の生活が拘束されてしまうということになります。

確かに最近の合宿免許は施設やサービスなども充実していますので、ちょっとした旅行気分を味わうことが出来ます。ですが最短で免許が取れるように、スケジュールもタイトなものとなっています。

毎日勉強をしていると疲れることもあるかと思います。あくまで免許を取得しに来ているわけですので、通常の旅行のようにいきません。一定期間自由にできないというのは、合宿免許のデメリットと言えるかもしれません。

また14日かかるということは、14日以上のまとまった休みを取ることが出来なければ合宿免許には参加することが出来ないということになります。学生であれば長期の休みを利用して合宿免許に参加することが出来ますが、仕事をしている人は難しくなります。

たとえ長期の有給休暇が残っていても、仕事との兼ね合いもあると思いますし、まとめて休みを取るということは基本的に難しいかと思います。そのため、社会人の方は合宿免許に行きたくてもなかなか行けないというのが現実です。

このまとまった時間が必要だという点も、合宿免許ではネックとなる部分になります。また合宿免許はパックのプランになっていますので、申し込みをして現地に到着したら、よほどのことがない限りは途中でキャンセルすることが出来ません。途中でキャンセルできた場合でも解約料などが発生しますので、合宿前や合宿中の体調管理には気をつけるようにしましょう。



合宿免許のデメリット