外壁塗装をしないとどうなる?塗り替えの効果や実施目安

住宅を所有しているならば、外壁塗装をすることを常に頭の中に考えておかなければいけません。千葉県で外壁塗装をする場合の注意点ですが、塗り替えの効果は十分にあると考えたようです。実施目安は、15年ぐらい経過した時が良いかもしれません。

15年位前に住宅を購入したけども、それからあまりメンテナンスをしていない人は多いはずです。専門の外壁業者などにお願いをして定期点検をしている人は少ないのが現状です。このような場合、外壁塗装をしなければならない時期がありますが、どのようなタイミングでしょうか。またそれをしないことによる問題も理解しておきたいところです。これを理解することで、より塗装に関する重要性を深めることができるかもしれません。

外壁塗装をしない場合のデメリット

外壁塗装 千葉

住宅を手に入れているとしても、それで終わりではなく維持メンテナンス費用にお金がかかるものです。これが賃貸住宅の違いと考えているため、住宅ローンを組む時もこの事実をよく考えなければいけません。住宅のメンテナンスにはどのようなものがあるかと言えば、比較的大きなものに外壁塗装と呼ばれるものがあります。そしてこの外壁塗装は、人がなかなか気にしない部分でありすっかり忘れている部分であるかもしれません。もし千葉市に住んでいて外壁塗装を考えている場合には、そのメリットとデメリットを理解しておいた方が良いです。 メリットは単純に建物の維持ができることや見た目が良くなる事かもしれませんが、それ以上にデメリットを知っておいた方が良いです。デメリットは、そのままの状態にしておくと建物が劣化してしまう可能性があることです。外壁は、かなり頑丈な素材になっておりそして外壁塗装もそれなりにしっかりとしたものが使われているとすれば、長年その状態を維持することができます。しかし、年月の経過にはなかなか勝てないものがあるのも事実でしょう。人間も、10代や20代のうちは良いかもしれませんが、30代になるとお肌のくすみやシワなどがで きてくる傾向があります。どれだけメンテナンスをしていても、時間の経過にはかなわないわけです。 外壁塗装も同じであり、いくら千葉市の外壁がしっかりしている会社に住宅建築を依頼しても、15年ぐらい経過してしまうとやはり劣化してしまうものです。その時には、ひび割れ等が発生し建物の中に水が入ってしまう危険性があります。これをするためには、定期的に塗装をするしかありません。

外壁塗装の効果について

外壁塗装 千葉

千葉市で外壁塗装をする場合、その効果は一体どのようなものになるのでしょうか。人間は、効果がわからないものに対しては時間とお金を使いたくないと考えるはずです。例えば勉強する場合でも同じになりますが、勉強して時間とお金をかけたにもかかわらず全く効果が見られない場合はそこにお金を投入したくなくなるかもしれません。例えば学習塾に通う場合であっても、時間とお金をかけても成績が全くわからなければ途中でやめたいと感じる親も多いはずです。 このように人間は効果が出て初めてお金を払っても良いと考えるものですが、実はこれは外壁塗装においても当てはまります。実際にどのような効果が発揮されるのかと言えばそのうちの1つはまず見た目がきれいになることです。今までくすんでいる外壁を塗り変えたことにより、ピカピカの状態になればそれだけ見栄えも良くなり近所からの目線も違ってくるかもしれません。 もう一つが良いとその効果があるとすれば、建物が長持ちやすいことです。これは逆に外壁塗装をしなかった場合を考えればわかりやすいかもしれません。もし外壁塗装しなかった場合にはひび割れが発生し、その中に水が入ってしまいます。水が入るとをさ らにひび割れがよくするだけでなく建物の中に湿度がこもることになるでしょう。湿度がこもることになる結果、そこからカビが生えるだけでなく6月位になると白アリが発生するケースも考えられます。そうすると、建物が次第に劣化していき、あらゆる部分で崩れやすくなるといえます。崩れやすくなると、日本でよく起こりがちな震度6以上の地震で倒壊する危険性も考えられなくはありません。

外壁塗装を実施する目安やタイミング

外壁塗装 千葉

外壁塗装を実施する場合、どのような目安はタイミングで行ったら良いのでしょうか。タイミングに関してはいろいろありますが、基本的に汚れたら塗装をする必要があります。汚れに関してもすぐに外壁が汚くなるわけではありません。最近はなかなか汚れにくい塗料などもあるため、5年ぐらいは綺麗な状態を維持することができるわけです。仮に普通の塗料であっても、5年ぐらいは特に汚れる事はありませんが、10年ぐらいに経過すると建物の汚れが目立つようになります。特にホワイトやアイボリーなどの住宅に関しては、これが目立ちやすいため注意しなければいけません。どのあたりが汚れるかと言えば、主に太陽の当たらない北の方角になります。そちら側の壁は太陽が当たらないためコケなどが入りやすい傾向にあるでしょう。また窓などが少なくそちらの方向を意識して生活している人は少ないため、汚れが目立っていることを意識することもあまりありません。 そして日本の住宅は、玄関や窓などは南や東そして西側にあるケースが多いです。そうすると、おのずと北の方角の壁を確かめることがなくなるため汚れがわからないわけです。たまには建物の北の方角を見てみると良いかもしれ ません。 もう一つは、外壁を触ったときに白いチョーク上の粉になる場合です。これをチョーキングなどと言ったりしますが指で触ったとき白い粉が指についた場合にはいよいよ外壁塗装が必要です。何故かと言えば、この白い粉は外壁のコーティングの部分が剥がれていることを意味しているからです。この部分が剥がれてしまう、雨が降ったとき外壁の中に水が入ってしまう恐れがあるわけです。 塗装をする頻度は、10年から15年の頻度で塗装をすることが必要になります。

外壁の種類や塗料の選び方

外壁塗装 千葉

お金を払って外壁塗装する場合には、種類や塗料の選び方もうじっくりと考えておかなければいけません。壁の種類にはいろいろなものがありますが、一般的にサイディングと呼ばれるものが使われています。サイディングは通常外壁の上に模様がある板を重ねることで、8割位の住宅はこのサイディングが使われているわけです。新築住宅の多くはこのような形になっており、この場合は外壁塗装をすることが必要になります。サイディングにもいろいろ種類がありますが、窯業系と呼ばれるものが一般的に多くなります。これは工場等で熱を使って形を整形していくものです。このようにすると、頑丈なものが出来上がるためそう簡単にひび割れ等が発生しません。 もっとも、時間の経過とともに窯業系であっても塗装をしなければいけないためやはり15年ぐらい経過したらいちど外壁塗装をするのが良いかもしれないです。それ以外では、外壁でよく使う素材と言えばモルタル形のものが存在します。モルタルは、外壁を塗装することも必要になりますので、これもやはり10年から15年ぐらい経過した段階で塗装を検討するのが良いです。サイディングと異なり、貼り付けるわけではなく上にねばねばした 素材を塗るような感じで完成させます。やはりこれも時間の経過とともにひび割れが発生するため、定期的に建物の周りを見てみましょう。 このように、外壁の種類はいくつかありますが面にこの2つに集約されます。ちなみに、鉄筋コンクリートのコンクリート造りの住宅の場合は塗装をする必要はありません。 塗料に関しては、高機能性塗料等もありますが普通の住宅はシリコン型塗料等で十分です。

千葉市で外壁塗装を考える場合、外壁がどのようになっているかを確認し定期的に塗装をする必要があります。それをしないと外壁が汚れるだけでなく、建物に問題が生じる可能性が高いです。塗装は15年に1度位の頻度で行うと言うでしょう。